お仕事終わり

f:id:tsurusae:20160731113344j:plain

 

金曜日にお仕事が終わりました。

思えばあっという間・・・。

職場の同僚に本当に恵まれていて、みんなが笑顔で送り出してくれたのが嬉しかったです。もう会社に行かないのかと思うとちょっと寂しいです。

 

 

 

でもこれも私が選んだ人生!

会社を辞めたことを後悔しないように一生懸命頑張ってこようと思います。

 

さて今後はしばらくのニート生活を満喫しつつ、8/17に日本を出発してヨーロッパでゆっくりして9月からアイルランドに入ります。

 

行く前に保険や手続きや予算や荷造りについてまとめていきたいです。( `・ω・´)

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

Game of Thrones を見よう!

 

f:id:tsurusae:20160727152732j:plain

 

今日は絶対観てほしいおすすめ海外ドラマを紹介します!

 

Game of Thrones

 

シェアハウスに住んでいたとき外国人みんな観てました!(笑)

スウェーデン人の女の子に強烈におすすめされ、(当時シーズン5がリアムタイムで放送されていてみんな興奮してた)なんとなく見始めたら・・・

 

面白いじゃないか!!

 

睡眠時間削って一気見してしまいました。

どんなお話しかといいますと、「鉄の玉座」(すなわち王の位)を求めて七王国が戦いあう、壮大なファンタジーです。

もうね、アメリカとヨーロッパで大人気!外国人に「Game of Thrones(以下 GOT)」観てる?って聞くとみんな目をキラキラさせながら熱い思いを語ってくれます!(笑)会話のきっかけにもなるので是非見てほしいです。

なんでみんなこんなにGOTを熱狂的に好きかというと、他のドラマにはない世界観。

そして・・・

 

 

 

メインキャラクターがどんどん死んでいくところ( ´∀`)

 

登場人物に感情移入しちゃうタイプなんで見始めたころはつらかったです (´・ω・) 

かっこいい!この人死んだら私もう見ない!って思った人が死んじゃう(´;ω;`)

でも見続けるのね、私。

最近は自分の好きなキャラクターが死なないように祈ってみてます。

 

他の魅力としては暴力的なシーンが多く含まれるのと、

 

セクシーシーン満載です!(笑)

 

毎エピソードであるんじゃないかってくらいセクシーなシーンがたくさんでてきます。スタイルの良いねーちゃん達が惜しげもなくポロリします。おいおい良い体だな、あざーっす( ^ω^)

ちなみに日本語字幕版だと大切なところにモザイクかかります(笑)

 

そんな戦いあり、ドラマあり、涙あり、感動あり、ポロリありのGOTは見て損はないです!ちなみに制作会社のHBOがHuluと独占契約したので(バカヤロー!←私はNetflix 信者)シーズン5まではHuluで楽しめます。今春放送されたシーズン6はスターチャンネルのみで楽しめます。

おそらく楽しくなってくるのはシーズン2あたりからかと。というのもGOTは登場人物も多く説明も一切ないので、覚えられない( ^ω^)(笑)
え?この人どこの国の人だっけ?ってなります。でも見ていくうちに頭の中で相関図が作られるのでご安心を!
 
ここからは私の好きなキャラクターをネタバレしない程度でご紹介します。
 

f:id:tsurusae:20160727152852j:plain

ジェイミー・ラニスター(Jaime Lannister)

サーセイの双子の弟で通称:キングスレイヤー(王殺し)

シーズン1観終わったときは、「すごいムカツクやつ(`Д´)」って思ってたけど、シーズンを重ねるごとにどんどん良いやつになってくジェイミー!(´∀`*)ウフフ

たまに双子の姉、サーセイを愛しすぎててひいちゃうけどね!

 

f:id:tsurusae:20160727162844j:plain

ティリオン・ラニスター(Tyrion Lannister)

サーセイとジェイミーの弟。生まれつきの体からインプ(子鬼)と馬鹿にされ父親からも不当な扱いを受ける。

ティリオンはとても頭が切れる策略家。しかしラニスター家からも嫌われて嫌な仕事ばかり任せられるんです。そんな彼がついにシーズン6のラストエピソードで報われるんですね~。なんかやっと本当の自分で本当の居場所を見つけた、みたいな。

 

f:id:tsurusae:20160727164444j:plain

アリア・スターク(Arya Stark)

スターク家の次女。シーズン1のラストからスターク家の子供たちはみんな離れ離れになってしまいます。アリアは子供ながらに何度もピンチを切り抜け一人前の剣士として成長していきます。シーズン1では小さい女の子だったのに6ではずいぶん大人っぽくなっていました。誰にも頼らず一人で生きてくアリアの生き様、かっこよすぎよ。

 

f:id:tsurusae:20160727165642j:plain

ジョン・スノウ(Jon Snow)

エダード・スタークの落とし子(と噂されている)で壁を守る冥夜の守人になる。

GOT見てる人でジョン・スノウ嫌いな人いないでしょ、って勝手に考えてます。もうなんていうんでしょう・・・カリスマ?的存在なんです。落とし子っていう身分から自身の力で上へ上へと這い上がっていきます。仲間は絶対守る!っていう友情に熱い男なんですよ。

 

他にも素敵なキャラクターはたくさんいますよ!ちなみにこのドラマはアメリカ以外でもヨーロッパ各地で撮影されていて、その中には北アイルランドも含まれてます。あと俳優さんたちがアメリカ人、イギリス人だけじゃないんです。例えば、

 

f:id:tsurusae:20160727203249j:plain

メリサンドル(Melisandre)通称;レッドウーマン(紅の女)

彼女はオランダ出身で、オランダ人いわく国内ではめちゃめちゃ有名な女優さんだそうです。やっぱり自国出身者が世界的ドラマに出てたら嬉しいですよね!

日本人出てこないかな~、世界観的に無理か。

確かに映画「インセプション」に渡辺謙が出ててめっちゃ興奮したな~!謙さーん!レオと共演だぞ!って。もはや自分がレオと共演したくらいの気持ちでいた(笑)

 

ということでアイルランド俳優も調べてみました!Σb( `・ω・´)グッ

メインキャラクターはこの3人!

 

f:id:tsurusae:20160727204051j:plain

ジョフリー・バラシオン(Jofrrey Baratheon)

 

f:id:tsurusae:20160727204446j:plain

 ピーター・ベーリッシュ(Petyr Baelish)

 

f:id:tsurusae:20160727204721j:plain

ダヴォス・シーワース(Davos Seaworth)

 

まさかのジョフリー様!!!キャ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

そしてベーリッシュ!好き嫌い分かれるキャラクターだけど、私はちょい悪おやじ風八方美人なあなたが好きよ❤(誰やねん)アイルランドにいる間にバッタリ出会っちゃったらどうしようモジ(((´ω` *)(* ´ω`)))モジ ←絶対ない

 

最後のおまけに良かったらこの動画をどうぞ!

GOTを観てる人は冒頭シーンで思わずほっこりしちゃいます(*´∀`*)

ではまたー!

 

www.youtube.com

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

語学学校について

f:id:tsurusae:20160721215625j:plain

つい先日語学学校3か月分とホームステイ1か月分のお金を払ってきましたー!

 

総額  37万5,250円 (´;ω;`)

 

わかってはいたけどやっぱりすごい金額。(´・ω・`)

ちなみに3か月分の語学学校が2,190€で1か月分のホームステイが760€。

そこに滞在費や登録料、教材費がちょっと上乗せされています。

アイルランドに行く前からどんどんお金が飛んでいく。

君たちは本当に羽が生えているんだね。( ^ω^)

出発前に改めてかかった費用や持っていく予算も書きたいと思います。

 

今回は語学学校選びについてです。

 

 

個人的には「アイルランドに友達も知り合いもたくさんいてコミュニティはすでに確立してる!」って人か、「私はいつも一人が好きなの。どんな修羅場の状況でも一人で切り抜けてみせるわ!」って人以外は、はじめは語学学校に通った方がいいと思います。

それは英語を学ぶって目的以外にも友達ができたり、情報が集まったりするからです。

 

どうやって語学学校を選ぶの?

 

まずは住む都市を決める。私の場合は首都のダブリンにしましたが、コークも次に人気の都市だそうです。

 

政府認定校は必須条件!

 

住む都市を決めたら下のサイトから政府認定校の語学学校を探しましょう。

 

http://www.acels.ie/

 

ACELSとはアイルランド教育科学省管轄の英語語学学校認定団体のことです。つまりこのACELSにの厳しい基準で認められた学校はアイルランド政府認定校と呼ばれ、常に高いクオリティを維持している学校ということです。

まずは気になっている語学学校がACELS認定かどうか、ということは確認しておいた方が良いでしょう。

 

ここからは自分の譲れない条件を元に学校を絞っていくのが一番だと思います。

 

ちなみに私の条件はこちら

 

・ダブリンの中心からまあまあ近い

・国籍のかたよりが少ない(多国籍である)

・校舎が古すぎない

・中規模~大規模の学校

図書館やパソコン室カフェテリアが充実してる

・アクティビティが開催される

 

「日本人が少ない」は特に条件にいれませんでした。カナダやオーストラリアなど日本人に人気の国は、そこの部分も考えなきゃいけないと思いましたが、アイルランドは日本人が少ないとよく聞くので(笑)逆に学校に数名日本人がいた方が心の拠りどころになるのかなって思います。

 

以上の条件をエージェントの方に伝えて学校を絞っていただきました。

ちなみに私の場合はエージェントを通しましたが、エージェントを通さないで直接語学学校に申し込む方法もあります。

エージェントについてですが、アイルランドを拠点にしているエージェントさんは他の国に比べてやはり少ないです。少ない分、怪しいエージェントさんも少ないと思います。

 

例えば、オーストラリアにワーホリ行く為に、語学学校選びからホームステイから空港送迎から困ったときの現地サポート、さらに高い手数料を払っていざ行ってみたら日本人ばかりの学校だった!なんてことは起きないかなと個人的には思います。

 

というのも、アイルランド関係のエージェントさんは手数料無料のところが多く、その分最低限のサポートしかしない(現地サポートが少ない)というパターンがほとんどだからです。もちろん現地サポートしてくれるエージェントさんも探せばありますよ!

 

エージェントの違いは?

 

私は複数のエージェントさんのHPを見て実際コンタクトをとった担当者の方がとても礼儀正しく雰囲気が良かったのでそこにお世話になりました。

エージェント選びについてですが、実際にコンタクトをとってみて決めるのが一番だと思います。ですが、紹介している語学学校に若干差があります。これは手数料無料のエージェントさんの為、提携している学校が違うということです。

(手数料無料のエージェントは提携している学校に生徒を紹介、契約することで学校側からいくらかお金を頂いて成り立っているから)

語学学校に関してはどこのエージェントも政府認定校としか提携してません。

なので多少の差はありますが、どこの学校もものすごく安いってことはなく平均的な値段でしょう。(それでもイギリスの学校に比べたら安い気がします)

全然お金がないけど語学学校には通いたい!って人は頑張ってインターネットで地道に探したほうがよさそうです。しかし、安い語学学校は校舎が古かったり、経営破綻の恐れがあったり、アクティビティが充実してなかったりと問題があるかもしれないので、実際現地でトライアルを受けて学校を決めるのが一番かも・・・。

 

エージェントを通して良かった?

 

ワーホリの目的は人それぞれなので、エージェントを通すかも人それぞれだと思います。

例えば、英語に自信がなくて、もしものときの為に現地サポートがあると嬉しい!って考えの人は手厚いエージェントを選んだ方がいいと思うし、英語には自信があるし全部自分で調べたいし決めたい!って人ならばエージェントは使わなくていいと思います。

私は中間タイプで、英語が全くできないわけじゃないけどエージェントさんからアドバイスや情報はほしい。けど現地のサポートまではいらないって思ってました。

 

エージェントを通して良かったって思う1番のポイントは

 

圧倒的に楽。

 

ってことですね。これはずるをしているってことではなくて精神的な負担を減らしてくれるってことです。例えばワーホリ行くギリギリまで仕事をしている人にとっては、帰ってから一人で情報収集していくって結構身体的にも精神的にも大変だと思うんです。語学学校の選択肢も多すぎて、それを一つ一つ比較して、もちろん日本語のHPなんてないので、英語のHP見ながら決める。・・・大変ですよね(;´∀`)

エージェントさんは自分の希望条件にあった学校をいくつかピックアップしてくれるので優柔不断の私にも大変助かりました。「絶対この学校がいいですよ!」っていうゴリ押しも特になく「とりあえず各学校の見積もりお送りしますので検討してみてくださいね~」っていう軽い感じで相談に乗ってくれたのでプレッシャーも感じず、時間をかけてゆっくり学校を比較できたのも良かったです。

 

語学学校の公式HPは必ず確認!

 

とはいえ、エージェントさんの提示した料金が本当か、その学校の公式HPで最終確認は必ずしましょう!きっとHPは全て英語ですが、料金くらいなら簡単に見つけ出せると思います。私の場合は公式HPでの値段もエージェントさんが提示した値段も一緒だったので、エージェントさんにお願いしましたよ!(どちらも今だけ15%OFFでした)でもその語学学校は違うエージェントでも紹介されていて、そのエージェントで申し込むと15%OFFの料金ではなく通常料金でのお支払いでした。Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

そういうこともあるのでHP確認も重要です。ちなみにもう一つ迷っていた学校も9月からだと授業料が10%OFFでした。こういう特典はエージェントによって違うのかもしれません。特に夏終わりの秋からは生徒数も少なくなるのでこういう割引特典が適用されるチャンス!

 

結局は本人次第?

 

実際に授業を受けないで語学学校を決めるので、通ってみたら意外と・・・って思うことはあるかもしれません。どんなに設備が充実してても、その時の先生や生徒の相性ってありますよね。

高いお金を払った分、しっかり学んでこようと思いまーす!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

ワーホリに行くか迷っているあなたへ

 

f:id:tsurusae:20160713222945j:plain

 

 

今日はワーキングホリデーについてちょっと書こうと思います。

ワーキングホリデーは30歳以下の若者がワーホリ協定を結んでいる他の国で1年間住める(場所によっては2年間)特権ですね。

私がワーホリの存在を知ったのは大学生のころだったと思います。社会人の人がオーストラリアにワーホリ行ったことがあると話してて「そんな制度があるんだ」と思ってました。大学卒業後、スターバックスでふらふらとアルバイト生活を送り、いつしかワーホリに行きたいな~、なんて思いながら働いていた当時の私。見事に親に叱咤されました(笑)今思えば何の目的もなく漠然とワーホリしようと思っていたので、その当時は行かなくて正解でした。

それから会社員になり、休みをとって海外に行き、2年前の偶然の出会いから英語をもう一度勉強し直して、今年ワーホリに行くことにしました。

準備期間は1年ほどありましたが、やっぱり正直言えばずーっと悩んでました。ずっとずっと海外で生活してみたいと思っていたけど、会社員を辞めて、貯金を切り崩して海外で1年間生活して、その後に何があるの?年齢だってもう27歳。SNSでは私より若い友達がすでに海外でワーホリしてて、その記事を読むたびに心に広がる嫉妬心と劣等感・・・。私より若い子なら英語だって覚えるの早いし、日本に帰ってきてからも簡単に仕事も見つけられるはず。

ワーホリに行っても、もし英語が上達しなかったら?もし悲しい出来事ばかりだったら?もし何も学べなかったら?

そんなネガティブな気持ちが続いてた時期がありました。

それを一緒に住んでいたアメリカ人に話したんです。(余談ですが私は約1年ほど外国人とシェアハウスに住んでました。それはのちほどまた書きます)

 

「ワーホリ行こうと思ってるけど、悩んでる。もし海外に行っても英語もできなくて、友達もできなくて帰ってきたらどうしよう。」

 

そしたら彼はこう言ってくれたんです。

 

 

「僕は絶対行くべきだと思うよ。じゃあワーホリに行って最悪な状況を考えてみようよ。英語が上達しない。友達ができない。仕事が見つからない。日本に帰ってくる。それって今のつるとんたんの状態に戻るだけじゃない?最悪な状況って今に戻るだけだよ。だから行きなよ。」

 

それを聞いたらすーっと気持ちが軽くなりました。

 

 

シンプルに考えてみる。私の今の幸せって?

 

仕事は大事。でも私の一番の幸せじゃない。

まだまだ挑戦したい。色んな人に出会って色んな所に行って色んなことを経験して、それでもう一度自分の将来を見つめ直してみたい。

私にとっての幸せは、「まだ知らないことを知っていくこと」

そんな気がしてきました。

ワーホリで海外に住む経験は今しかできなこと。そう今しかできないこと。

 

 

女の人生って大変。

 

 

こんなこと言ったら、男の人に怒られるかもしれないんですけど、女性の人生、特に20代後半からの10年間はすごく大変だと思うんです。

社会人になって仕事に慣れてきたと思ったら、結婚、出産の波が嫌でも一気に押し寄せてくるんですから(笑)だからとっても慌ただしいし、その中で多くの重要な選択をしなければいけない。

そんな大切な時期の1年をワーホリに使っていいのか、これはアラサー女子はちゃんと考えた方がいいと思います。

例えば、絶対30歳までに結婚して出産する!って夢があったり、今の仕事を続けてキャリアアップするって目標があるのならば、もしかしたらワーホリよりその夢や目標に向かって頑張る方があなたの幸せに近づけるのかもしれません。

 

目標を1つ以上持つこと

 

ワーホリに行くなら、1つ以上の目標を持つことって大事です。その目標は何でもいいんです。例えば、「その国の文化を感じたい」でも「世界中に友達を作りたい」でも「外国人の彼氏がほしい」でも「本場の音楽やダンスを勉強したい」でも「海外で就職したい」でも何でもいいんです。それは、日本を離れて違う国で生活するあなたを支える素敵な目標になります。

何も目標を持たないで、ただ「今の現実から逃れたいから海外に行く」って考えは、大学卒業したばかりの20代前半であればいいと思います。でも私のようなアラサー女子のみなさんにはそう考えてほしくないんです。

私たち世代の1年間って本当に貴重ですよ。

 

すみません、私の持論を長々と書いてしまいました。

最後に私が愛読してる記事をご紹介したいと思います。

 

ananweb.jp

 

 

これはananに掲載されている土居彩さんの不定期連載記事です。彼女は14年間勤めていたマガジンハウスを退職し、37歳でサンフランシスコに単身渡米。そこでの生活を書いた記事です。土居さんはサンフランシスコで色んな目にあいます。英語が通じないのは序の口で、盗難やらストーカーやらホストファミリーとうまくいかなくて家を追い出されたり!元編集者の土居さんの文章はとても読みやすくすごく面白いです。彼女は現在「バークレー校で心理学を勉強する」という目標を達成!(めちゃくちゃすごい)それでも自己嫌悪と葛藤を繰り返す土居さんの旅は続きます。

私がこの連載が好きなのは「彼女が自分の気持ちを素直にかいていること」です。おそらく土居さんの記事を読んだアラサー女子はだれもが共感するところがあるはず!(笑)本当に素敵な人だなと思います。

 

 

私もアイルランドでの生活がスタートしたら私の思ったこと、感じたことを素直に赤裸々に書き、皆さんにお伝えすることを約束します!(笑)

「私ってちょーラッキー!」「毎日がハッピー!ちょー幸せ!!」「私ってやっぱりもってるな~」ばっかりのブログにはなりません!(笑)もちろん嬉しいことがあったらそれをブログに書きたいと思いますが ^^

 

次は語学学校選びについての記事を書きたいと思います。

ではでは

 


にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

アイルランドの映画

アイルランドに行くと決めてから、アイルランドに関係する映画を積極的に探して見てる最近です。

 

ライアンの娘

f:id:tsurusae:20160710010738j:plain

1970年のイギリス映画ですが、舞台はアイルランドです。見終わってからも考えさせられる深いお話。人間の愚かさや葛藤をアイルランドの壮大な自然が包み込んでくれるような映画でした。ヒロインが美しい・・・。そして3時間超えの超大作。

 

 

ONCEダブリンの街角で

f:id:tsurusae:20160710011721j:plain

www.youtube.com

 

ダブリンが舞台の音楽映画。ダブリンの雰囲気を味わうにはとても良い映画ですね。

ストリートミュージシャンチェコから来た女性が音楽を通じてお互いを知っていくラブストーリー。予告編でも流れる曲が、この映画のラストでも流れて胸がしめつけられます。この監督の最新作が公開されました。こちらも面白そうですね!

 

www.youtube.com

 

 

 

P.S アイラヴユー

f:id:tsurusae:20160710013012j:plain

 

www.youtube.com

 

アメリカ映画ですが、主人公の夫がアイルランド人で、実際アイルランドにも旅行に行くので、ご紹介します。個人的にすごく好きな映画!でもやっぱり女子の支持率が圧倒的で、男子にはちょっと重いかも・・・(;´∀`)

 

 

ブルックリン

f:id:tsurusae:20160710013402j:plain

 

www.youtube.com

 

もーこれがアカデミー賞にノミネートされた時から気になってそわそわしていて、公開を首を長くしてずーっと待ってました!!ものすごく良かったです!もう一度見たい!

主人公のシアーシャ・ローナンは、「ラブリーボーン」の時からずっと好きです(´∀`*)

故郷アイルランドからアメリカに未来を求めて旅する主人公。緊張から強張った表情がアメリカの人々の出会いによって少しずつ変化していく。しかしある出来事がきっかけで彼女はアイルランドに帰国することに。久しぶりに帰った故郷は昔と少し違って見えて、彼女はここでの生活も悪くないと考えるように。果たして彼女の将来はアイルランドか、それともアメリカか。

彼女の決断した答えが私はとても好きだし素敵だなと素直に思いました。

アイルランドで出会う青年をドーナル・グリーソンが演じていますが、彼もアイルランド俳優でめっちゃかっこいいです。

 

気になる映画があったら是非みてみてください!

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村