ちょっとだけ語らせて!「LA LA LAND」の魅力と映画のこと

f:id:tsurusae:20170201091606j:plain

 

実はアイルランドで公開されてすぐに見てました、「ラ・ラ・ランド」!!

今年のアカデミー賞を総なめにするであろうぶっちぎり大本命ミュージカル映画なのです。

 

www.youtube.com

 

あらすじは予告編どおりで、ロサンゼルスを舞台に売れない女優とジャズピアニストがお互いの夢を叶えるため奮闘する、夢を追う全ての人たち(ドリーマー)に捧げるエンターテイメント映画。

 

前哨戦であるゴールデングローブ賞では圧倒的な強さを誇り、今回アカデミー賞ではいくつの賞を獲得するのか。

個人的には作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞は手堅い。脚本賞、撮影賞、作曲賞、歌曲賞もいけるのではと思ってます。

 

なんでそんなに良かったの?ってことですか、

 

ミュージカル映画だからストーリーがシンプル!

シンプルだけどラスト10分見ると奥が深い!

 

という印象をうけました。

この映画の監督は前作「セッション」で一躍有名になった新鋭デミアン・チャゼル。

 

www.youtube.com

 

こちらの映画もラストに仕掛けがあって、私は見ていて「ほー、そうきたか!」と素直に驚きました。

「魅せる」のが上手い監督です。

この映画でアカデミー賞助演男優賞を獲得したJ・Kシモンズが「LA LA LAND」でもちょこっと出演しております。

 

主演のライアン・ゴズリングのピアノもすごいですが(写真の手の角度が私は気になります)、エマ・ストーンダンスと演技力にも注目です。

 

正直、エマ・ストーンミュージカル映画に出演するのは意外でした。なぜなら彼女の魅力はハスキーボイスだから。でも実際に見てみると、なんとも素敵な歌唱力をお持ちでした。他にも丘の上でライアンと披露するダンス、女優という夢を追い続けながらもがく彼女の演技力、みどころ満載です。

 

実はエマもかつて、女優になる夢を叶えるために両親を説得しロサンゼルスに引っ越してきたドリーマーでした。なので役どころも昔の自分にかぶるところがあり、より観客をひきつける魂がこもった演技になったのではないか、と思ってます。

 

ゴールデングローブ賞で主演女優賞(ミュージカル/コメディ部門)を獲得したときのスピーチがこちら。

 

www.youtube.com

 

字幕付きはこちら!

www.youtube.com

 

開口一番、お母さんにありがとう!と涙ながらにいうエマ。

その一言で彼女がここまでたどり着くまでの道のりが決して簡単なものではなく、困難な時期もあったんだなと物語っています。

今売れてる俳優、女優もみんな下積み時代を経験していて何度もオーディションに落ちては才能がないと落ち込み、それでも自分を信じて苦難を乗り越え駆け上がってきた人たちです。

そして彼女が話しているように「LA LA LAND」は現代的なミュージカル映画という映画業界からみれば無謀ともいえることに挑戦して作られたのです。

確かにミュージカル映画ってブロードウェイミュージカルを映画化しているか、映画の時代背景が昔に設定されていますよね。(「レ・ミゼラブル」、「シカゴ」、「NINE」、「ヘアスプレー」とか)

 

「LA LA LAND」は監督自ら脚本を書いたオリジナル作品であり、そしてそれが高く評価され数々の賞を受賞。まさに映画界に新しい歴史を作ったのではないでしょうか。

 

ミュージカル映画が苦手!って人には向いてないですが、ミュージカルが好きな人、そこそこ好き(私もです)って人にはおすすめです。
 
そして何より今、夢を追いかけている人、自分の目標に向かって頑張っている人、頑張っているけどなんだか上手くいかなくて落ち込んでいる人は是非、この映画をみて元気をもらってほしいです。
 
日本での公開は2/24!アカデミー賞の発表は2/26(現地時間)!
今年の本命ですからね!日本の映画配給会社もヒットを狙って照準合わせてますね。
 
日本で公開する前の映画が一足先に見れちゃうのもワーキングホリデーならではの特権です!
 
最後に海外に住んでいるならではのお話を少し。
こっちにきて友達と映画の話になってすごく困っていること。
 
 
 
映画の原題が分からない(´・ω・`)
 
例えばこちらの作品。
 

www.youtube.com

 

主演のリチャード・ギアを食っちゃうデビュー当時のエドワード・ノートンの怪演がみられるお気に入り映画「真実の行方」

原題は「Primal Fear」

せっかく友達におすすめしたくても原題を覚えてないと全く伝わりません。

 

www.youtube.com

 

落ち込んだ時には必ず見てます、私の生涯ベスト10に君臨し続けるであろう「リトル・ダンサー」

原題は「Billy Elliot」

リトル・ダンサーって英語だから原題っぽいんですけどね。

 

もちろん日本で多くの人がその作品に興味を持ってくれるようわかりやすく邦題をつけるのですが、ここでは全く役にたちません!

 

「あれ、あれだよ、あの映画おすすめ!(原題なんだったけなー)」ってなることしょっちゅうです(´;ω;`)

 

これから海外生活をはじめる方、話のネタとして自分のお気に入り映画の原題を覚えておくと役に立つと思いますよ!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

 
 

ベルギー 偶然の出会いから小便小僧の秘密を知る

f:id:tsurusae:20170201192814j:plain

 

皆さんはベルギーの小便小僧(Manneken-pis)をご存知ですか?

世界三大がっかりの一つとして有名なこの像。実際に見ると小ぶりで可愛らしいです。

観光名所として、いつ見に行ってもたくさんの人で溢れかえってます。

日本ではワッフルのお店、「マネケン」として知っている人も多いのでは?

色んな諸説があるんですが、昔、小便を使って火を消して英雄になったジュリアン君の像です(すみません、かなりあっさり要約しました)

そんなジュリアン君は地元っ子にも愛されるベルギーの人気者!

実はたくさんの衣装を持っていて不定期で服を着ているのです。(ブリュッセル市立博文館に行くと衣装のコレクションが見れます)

私はそのコスプレ姿が一目みたくてベルギーにきては絶対小便小僧を見に行くのですが、何回行ってもいつも裸!(寒そう・・・)もう何度挑戦したことか・・・。

 

レミに会いに来た初日も見に行ったんですが、またもや裸!

もう君の裸は見飽きたぜベイベー(´・ω・`)

正直今回も諦めてました。

 

ダブリンに帰るため、ブリュッセル国際空港に向かう日曜日の朝。

レミは一人で山道をスキーで滑りに行くというので(レミよ・・・)、一緒に家をでて駅に向かうことに。

レミの家はブリュッセル北駅の方が近いので、そっちから行こうと提案されたのですが、この時私はブリュッセル中央駅に向かう途中にあるハーゲンダッツのお店で、ベルギーならではのハーゲンダッツアイスとワッフルのコラボスイーツが猛烈に食べたく!だがそんな食い意地のはった奴だと思われたくなかったので、「最後にグラン=プラスみたいから中央駅から行こう!」と若干めんどくさそうなレミを無理やりねじ伏せたのでした。

 

グラン=プラスはベルギーの中心地にある世界で一番美しいと称される大広場です。世界遺産にもなってます。

 

f:id:tsurusae:20170201212815j:plain

 

そしてこの広場に到着したときたまたまレミと小便小僧の話になり、「つるとんたんは飛行機までの時間まだあるから見てくれば?」と言われ、また最後に見に行くことに。

小便小僧はこのグラン=プラスから歩いて5分くらいのところにあります。

 

またどうせ、裸なんでしょうって期待しないで行ったんですが、なんだかいつもに増してすごい人だかり。

 

ま、まさか・・・

 

服着てたYO-!!

f:id:tsurusae:20170201215058j:image

 

ついに衣装を着たジュリアン君をお目にかかれたんです。もうあまりの嬉しさに人混みをかき分けてカメラ小僧のように(Iphoneだけど)写真を撮る私。周りでは大勢の人が記念撮影を行っていました。

 

本当見られて幸せだわ~と感傷に浸りながらジュリアン君を眺めていると隣のおじちゃんに話しかけられました。

「英語話せる?」と尋ねられ、

「話せるよ!私、ベルギーが大好きで何度も何度も訪れてるんだけど、いつも小便小僧は裸でね。だから今日初めて衣装着てるとこ見られて本当に嬉しい!!これは何の衣装なの?」とかなり興奮気味に話す私。

「これはウクライナの民族衣装なんだよー。今、ウクライナの人たちと記念撮影しているんだよー」

と教えてくれました。なるほど、それでこんなに人がたくさんいるのね。

 

するとおじさんは私に名刺を渡してくれて

「このサイトに行くと、いつ小便小僧が衣装を着るかわかるよ」と教えてくれました。

よく見るとおじさん、ビシっとした正装で小便小僧のメダルをぶら下げている。

そして次から次へと人に挨拶されてて大変忙しそう。私は「ありがとう」とお礼を言って空港へ。

 

そして家に帰って調べてみることに。それがこちらのサイト。

 

… Ordre des Amis de Manneken-Pis …

 

おじさん、小便小僧の運営委員会の人でした!

正式には「The order of the friends of Manneken-pis」のArchivist(公文書保管人、なんとも難しそうな専門職ですね)だったのです。

 

ひとまずお礼が言いたくてメールをしたら覚えててくださって、今ではお友達として楽しくメールのやり取りをしています。

おじさんの小便小僧にかける思いは熱く、「世界中の観光客の人たちが撮ったマネケンを集めて発表していきたいんだ。だから観光客用に配るリーフレットのここの部分を日本人の方用に日本語訳してくれ」と頼まれました。

 

つるとんたん、翻訳家デビューしました(´∀`*)(笑)

 

本当に簡単な英語の文章を日本語に訳しただけなんですけどね。いつしかそのリーフレットを日本人の方が読んで、おじちゃんのもとに撮った写真を送ってくれるかもしれないと思うと人知れず嬉しいです。

 

おじちゃんにもらった小便小僧の他の情報はこちら

 

① 年に一度小便小僧の日(Manneken-Pis Day)がある。

 

その日はお祭り騒ぎで盛り上がるそうです。去年は10/15に行われ、今年の日にちは決まり次第教えてくれます。

さすがArchivisitだけあってたくさんの写真を保管しており、去年の様子も送ってくださいました。その一部をご紹介。

 

f:id:tsurusae:20170201230159j:plain

f:id:tsurusae:20170201230310j:plain

f:id:tsurusae:20170201230315j:plain

f:id:tsurusae:20170201230320j:plain

f:id:tsurusae:20170201230327j:plain

f:id:tsurusae:20170201230335j:plain

f:id:tsurusae:20170201230341j:plain

 

皆さん楽しそうです^^私も今年の「Manneken-Pis Day」見てみたいです。

 

② 日本の衣装は他の国の衣装より多い。

 

なんとジュリアン君に着させる衣装の数、自国ベルギーの次に日本が多いそうです。

なんだか嬉しいですねー。日本の服たくさん持っているなんて。

先ほど貼り付けたリンクを下にスクロールさせていくと合気道の恰好をしたジュリアン君が見られますよ!

 

フランス語がちょっと難点ですが、小便小僧のコスプレが見たい方は、このサイトからスケジュールをチェックしてみてください。(AGENDAと書かれているところです)

 

おじさんは若いころ、一人で色んな国を旅してそこで出会った人たちと話すのが好きだったそうです。今ではこうやって私のような観光客との会話を楽しんでいるそうな。

 

「今度ベルギーに来たときは一緒にビールを飲もう!」と誘ってくださり、私も勝手に小便小僧親善大使になるべく、再会したときにもっと深いところまでお話を聞いてこようと思います。

 

思いがけない出会いでベルギーがますます好きになるつるとんたんでした。

やはり旅は良いですね~、命短し旅せよアラサー女子!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

ベルギー そうやって生きていきたいね

f:id:tsurusae:20170201012256j:image

 

ベルギーに行ってましたよ!ってお話を今回はちょっと。

さくっと違う国に行けるのがヨーロッパでワーキングホリデーする大特権ですね。

ちなみにライアンエアー使って往復45ユーロくらいでしたよ。バックパックは機内に持ち込むことができました!鬼畜のライアンエアーと評判?ですが私は今のところ好印象の航空会社です。

 

今回は首都のブリュッセルに住んでいるお友達のレミさんにお世話になることに。

レミは40歳くらいですが見た目は30歳くらいのバイタリティーあふれるフレンチガイ。見た目は「パリジャン」って聞いて想像したまんまな感じです(笑)

 

久しぶりに再会したレミが友達の家の夜ご飯に誘ってくれました!

タダ飯だ(ΦωΦ)!(なんと醜い私の心)と思いワクワクして参加したホームパーティー!

でもその日、すごい雨だったんですね。なのにレミが友達の家まで自転車で行こう!(彼はどこでも自転車なんです)と言い出してどしゃぶりの雨の中、自転車こぎました。

ブリュッセルはオランダと違って道が平らではありません。

坂道たくさん、石畳でこぼこ・・・。

降りしきる雨の中、そんな坂道をひたすら上ります。

 

「うう、目に雨が入ってくるよ、全く前が見えない・・・ってか普段自転車乗ってないからものすごいキツイわ。ベルギー着いてすぐこの仕打ちって・・・ああ、レミの背中がどんどん小さくなっていく・・・。レミ、私を置いていかないで(´;ω;`)

 

もうぜぇぜぇ言いながら必死にペダルをこぐこと30分。

 

「うーん、やっぱりこの雨で自転車こぐのは無理だね。地下鉄使おう」

 

・・・もっと早く気づけたよ、レミ( ^ω^)

家出るときからこの土砂降りだったんだぜ。

 

 

ってことで地下鉄使って友達の家に到着。

2人ともバケツの水ひっくり返したようなずぶ濡れの状態で・・・。

レミが「入るときに靴脱いでね」と私に話してると中から「靴脱がなくてもどっちでもいいよー!」との声が。

そうか、じゃあ脱がなくていいか、とそのまま上がった私・・・死にたくなります。

 

 

ものすんごいきれいなお宅だった`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブーッ!!

 

モデルルームですか?って感じでした。なんとマンションを買って中をリノベーションしたんだとか。そしてレミのお友達、私と同い年、28歳システムエンジニアのベルギー人でした。

同い年、マンション買うんか!ってビックリしてたらレミが「ベルギーはフランスより給料は安いけどその分家も安いからね。独身だったらこうやってマンションを買うのは普通なんだよ」と解説してくれました。

 

「ごめん、本当ごめん、こんな雨に濡れた汚いブーツであがって。絶対気になるよね、私が靴履いてるの。あとで掃除大変だなって思うよね。ごめん、本当たまたまなんだよ。普段は私、きれい好きだぜ」

 

って心の中で謝罪しました_ノフ○

 

他にも家の主の友達が来ててみんなでとりあえずカンパーイ!

「君もスノーカイトに興味があるの?」といきなり聞かれる。

「スノーカイトって?」

「風の力を利用してスキーやスノボーをする最近人気の新しいウインタースポーツだよ。君も明後日くるんだろ?」

「・・・レミ( ^ω^)・・・?」

「ああそうだよ、土曜日はスノーカイトだよ、YEAH!!」

「・・・・・・」

 

私がベルギーにくると事前に知っておきながら予定を何も教えてくれない、レミとはそういう男である。すさまじい。

 

その後男性陣はスノーカイトについて熱く語りだすが全くフランス語がわからないため、ひたすらワインとおつまみを楽しみまくる私。

よくよく部屋を見渡せば隅の隅まで徹底してきれいである。

気になったのがヨットを操縦している家の主(何度も名前聞いたのに発音が難しすぎて覚えられない)の写真が飾られている・・・。

 

「料理できたよ!」と家の主(雰囲気が俳優のライアン・ゴズリングに似ているので以下ライアンと呼びます)が用意してくれたのがこれ!

 

f:id:tsurusae:20170201060012j:plain

 

上でポテトや野菜焼いて下でチーズ溶かして一緒に食べるというシャレオツの極み!

ラクレットオーブンでございます!実際のオーブンは5人で食べたのでこれよりかなり大きいです。イメージしやすいように似ている写真を探してみました。

え?なんで写真撮らなかったかって?

 

興奮して写真バシャバシャ撮ってる変な奴って思われたくなかったからです!(笑)

 

なんていうか、私にとっては全てがおしゃれなホームパーティーだったのですが、ベルギー人にとってはいたって普通の友達と楽しむ夜ご飯なのです。別にかっこよくきめたいから、とか見栄張りたいからじゃなく、これが自然なんですね。

なので写真撮らせて!って飛びつく自分がなんだか小さく見えてしまって恥ずかしくなってしまったので、「ああ、うん。美味しいよね、これ」風な顔だけ浮かべてみました(笑)

写真撮っておけばよかったかなー。でも友達の友達の家だったしな・・・。

 

ここでも男性陣は何やら熱い議論を繰り広げている様子。

私はチーズを溶かし野菜を焼くのに夢中になる。

 

ふといきなり英語で質問されました。

 

「日本って6年前に大地震があってから原子力発電って全部止まってるの?」

 

口に頬張ってたポテト、飛び出しそうになりました( ´ⅴ`)

 

「えっと福島は止まってるけど、他はどうだろう・・・まだ稼働してるんじゃないかな(´ε`;)

 

すみません、皆さん!

日本代表、失格な答えしか言えませんでしたorz

現在でも2基稼働しているみたいですね。

ああ、なんて恥ずかしい(´Д⊂ヽ

 

その後も彼らはどうやって動物と共存していくか等、議論してました。

私と同い年、すごいな。

きっと私がフランス語わかっても全然ついていけなかっただろうな。

素敵ですよね。仕事だけじゃなくプライベートでこんなに熱く討論しているなんて。

みんな残業なしだから週1、2日で家で一緒に夜ご飯食べながら語り合う、ヨーロッパ社会の良いところですね。

 

そして土曜日やってきました、初スノーカイト!ベルギーの田舎で。

 

www.youtube.com

f:id:tsurusae:20170201012259j:image

 

レミとライアンとライアンの友達で行ってきました!

結論から言えば女子には向いてないスポーツですね(笑)

カイトを常に引っ張って操縦しつつ、足元のスキー板にも集中しなければいけないので初心者には難しいですし、ある程度体重が必要なのでその面でも女子向けではないです。次の日腕がものすごい筋肉痛(;´Д`)

 

ライアンはインストラクターのような見た目に大変身し、真っ平らな雪道を泳ぐようにスイスイと進んでおりました。何やってもさまになる、ライアン。

そりゃヨットで自分に酔ってる写真、自宅に飾っちゃうよな。

 

レミは私が初心者であることを忘れているのか完全にハイレベルなことを要求してきます。

それは、スキー場で女子が「やだ~出来ない❤」って甘えて、男子が「しょうがねぇ~な~」って手を引っ張ってるような甘酸っぱい感じは一切なく。

逆に小さいころお父さんに無理やりスキーを教えられ「なんでお前はできないんだ」って叱咤され、泣きながら頑張る自分の記憶が蘇えってくるかのようなスポ魂指導でした。

 

自分から誘っておいて、出来ないなら来るな、自分のことは自分でやれ、的な超越した男女平等精神をもっている、レミとはそういう男である。

 

唯一、ライアンの友達が私を初心者女子であると覚えててくれて丁寧にスノーカイトの基本を教えてくれました。ありがとう!これまた名前が難しすぎて覚えてないけど。(私も大変失礼なやつである)

 

最後にちょっとだけ風を使ってスキーが出来たときは嬉しかったです(´▽`)

今度また挑戦してみたいです。

 

途中から猛吹雪になってしまい、あまりの寒さでガクガクぶるぶるになる私。

な、なんと車が雪で埋もれている!早く首都に帰って温まりたいわー。

そんな私の気持ちをよそにライアンが放った一言。

 

「わー!すごい雪だね。この大自然の雪を満喫するために今夜はここらへんで宿を探そう!」

 

何言っちゃってんの、ライアン!!\(^o^)/

 

私たちはその後予定があったので首都に戻ったんですが、なんてアイデアが思いつくんだ、ライアン。

レミとライアンは去年のクリスマスにノルウェーの山を登頂するというサバイバルな偉業も達成してます。そのハングリー精神、見習いたいです。

 

帰り道、ふと「そういえばレミが私と同い年だった時って何してたの?」って聞いてみました。

「確か自分の研究を終わらせるためにベルギーの大学院にいてそのままベルギーで就職したよ。でも最近、スイスに引っ越そうかなって思ってる」

「え?スイス?どうして?」

 

「スイスは山がたくさんあって休日登れるから!」

 

だそうです。

この答え、私にはもっていないものでした。

 

人生が仕事基準じゃなくて自分のやりたいこと基準なんですね。

 

私もそうやって考えて生きていきたいです。

 

ちなみにレミさん、普段は20の案件をかけ持つ敏腕プロジェクトマネージャーなのです。

仕事も本気!プライベートも本気!

そんなレミとライアン、心から尊敬します。

今回久しぶりに会って色々良い刺激をもらいました、つるとんたんでした。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

生きてました!

f:id:tsurusae:20170201001141j:image

 

お久しぶりの更新になってしまいました、つるとんたんです!

ダブリンは暖冬なのでしょうか、あんまり寒くないです。

もしくは私の肌が強くなったのかもしれません。(だと嬉しい)

どんより曇り空は相変わらず。日本にいたときは太陽がでていたら「日焼け止め!日焼け止め!」となるべく日陰を探していたのに、こっちで太陽がでてたら「日光浴!日光浴!」と積極的に太陽を浴びております(笑)

 

つるとんたん1ヶ月何してたのー?ってことですが、あまり何もしてません(笑)

実は友達に会いに大好きなベルギーに行ってました。

そして帰ってきたら今度は全然違うことに興味が向いてしまいました。

それでアイルランドのブログなのにダブリンの情報を書けないわ・・・って悶々となって更新をやめてしまっていたのです。

 

そんなとき、読者の方から初めてメッセージを頂きました。

その方は日本に住んでいる方で海外生活に興味をもち始め、調べているうちに私のブログを発見したそうです。

丁寧にご連絡してくださったこと、私のブログを読んでワクワクしてくださったこと、応援してますと言ってくださったこと。

本当に涙がでるくらい嬉しかったです。ありがとうございます。

 

思い起こせばアイルランドにワーホリをしようと決めたとき、あまりの情報量の少なさに少しでも他の方の為になればと始めたこのブログ。

ちゃんと読者の方に届いているんだなと実感することができました。

 

そして読者の方にアイルランドの情報をリアルタイムでお届けできるのは、ワーホリしている今しかないんだなと。

 

アイルランドのこと、アイルランドとは関係ないこと、日々思ったことなど全て含めて私の「アイルランド ワーキングホリデー!!」

(私のブログのサブタイトル、そういえば「アイルランドで見つめ直す私の人生」でしたね)

 

これからはアイルランド以外のことも書かせていただきますが、お付き合いいただければと思います。

また、読者の方からの「ダブリンのここについて知りたい!」や「アイルランドのここについて取り上げてブログ書いてほしい」等、ありましたらお気軽にコメント、メッセージください!待ってまーす( ´ⅴ`)ノ

 

つるとんたん、まだまだ頑張ります。

 

f:id:tsurusae:20170201001139j:image

ドイツに行ったときにミサンガ買いました。ジグソーパズルのデザインに運命を感じて(笑)日々「切れろ~切れろ~」と念じております。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村