クラダリングに導かれて

f:id:tsurusae:20170421084723j:image

たまたま時間があったので、たまたま入ったヴィンテージショップ。

そこで見つけた指輪を気に入り、買いました。

店員さんが「この指輪はこの向きでつけると彼氏ありで、この向きだと彼氏募集中なのよ」と教えてくれ、「え?この指輪、アイルランドの伝統指輪なの?」と聞くと「そうよ。私も小さいころ持っていたわ」と。

 

家に帰って早速調べると、私が買ったのはSOLVAR社のクラダリング(Claddagh Ring)アイルランドの伝統的指輪で、観光客に人気なのだとか。

http://www.theirishstore.com/blog/2014/07/16/claddagh-ring-says-about-you/

あら私、本当にアイルランドのこと何も知らないのね、と思う反面、試行錯誤しているうちにアイルランドの方から「まだまだ頑張りなさい」とメッセージをもらった気もしました。

ちょっとだけ自慢させていただくと、色んなクラダリングのデザインを検索しましたが、自分がたまたま購入したのが一番可愛いなと思ってます(笑)

そして誰かの指本にあった指輪が巡り巡って私にパスされたんだなと思うと、より愛おしく感じます。

 

ダブリンは不思議な町で、自分が「ああダブリンでの生活疲れたな」と思うと、嫌な人に出会ったり、悲しい目にあったりします。そして「よし、ダブリンでの生活楽しもう!」と思うと、面白い人に出会ったり、楽しいことを発見したり、人もなんだかいつもより優しいです。

 

先日、ダブリン在住の日本人の方と久しぶりに再会し、ご飯を食べました。

10年以上こちらに住んでおり、私の尊敬する方で、会うと元気をもらえます。

お会いしたときに話されていたのが「若いうちになんでも経験するのが大事よね」と。

私もその通りだと思います。

私は今、自分の好きなこと、やりたいことを自分の好きなようにやっています。

それは「お金」にはなりません。しかし私は「お金」では決して買えない「経験」が欲しいのです。しかもそれは日本では経験できないことです。そしてこの「経験」こそが私をより高く遠いところまで飛ばしてくれるのだと思います。

 

日本にいるときワーホリに行くか迷っていた私は今、心の底から皆さんにワーホリに行くべきだとおすすめできます。若いときに日本を離れ、他の国に1年滞在できるなんて、なんて素晴らしい制度なんだ!と思います。

みんな若いうちに自分の好きなことをたくさんすればいいのです。

 

どこかの記事で「ダブリンは何にもないけど、ダブリンが好きだ」と書きました。すみません、訂正させてください。ダブリン、アイルランドは自分が楽しもうと思えば楽しいことがたくさんあります!情報が少ないだけで、決して何もない場所ではありません。

普段歩いている道を、ちょっと視点を変えて見てみれば、新しい発見が待ってます。

 

「英語」と「仕事」だけがワーホリではないです。私は皆さんにアイルランドに来たのならばアイルランドでの生活を全力で楽しんでほしいです。

アイルランドの歴史博士になるとか、ダブリンのパブを全てはしごして網羅した地図を作るとか(私、欲しいです。誰か作ってくれませんか?)、もうストリートミュージシャンとしてグラフトンストリートで音楽奏でるとか(そしたら私毎日音楽聞きに行きますよ)、ボランティア、インターンシップ、田舎でのんびりスローライフ、将来の伴侶ハンティングなんかもしてみたら・・・そんなことを考えたらアイルランドの楽しみ方は無限大です!

 

何でもいいので、自分の興味のあること、好きなことに挑戦してみるのをおすすめします。もちろん失敗するかもしれません。つらい経験になるかもしれません。でも、せっかく日本を離れてきたのに何もしないで帰るのはもったいないです!

私は失敗もしましたし、つらい気持ちにもなりました。でも新しいことを探して挑戦していくと「ああ、私はこういうのは好きでこういうのは嫌いなんだな」と新しい自分にも出会えます。

「やらない後悔よりもやった後悔」を是非。時間が経てばそれも美味しいネタになります(笑)

 

私はこのブログを通じて知り合った方々の新しい考え方、視点にハッとさせられ、感化され、そして一緒に面白いことができるんじゃないか、面白い経験ができるんじゃないかとわくわくがとまりません。

 

これからアイルランドに来られる方、ドーンと来いです!アイルランドは楽しいですよ。アイルランドをエンジョイされている皆さん、そんな素敵なあなたに負けないよう私も全力で私らしく突き進んでいきます。

 

今が1番アイルランド生活楽しいです。

私たちはまだまだ若い!

そしてアラサーは楽しい(笑)

 

おまけでアイルランド、ダブリンで活躍されているCaroline CaseyさんのTEDをどうぞ。彼女の生き方、そして力強いメッセージに胸打たれます。

www.ted.com

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

「クラダリングに導かれて」への5件のフィードバック

  1. 初めまして。
    いつも楽しく拝読させていただいております。
    先日ダブリンにワーキングホリデーで参りました。日本にいるときから読ませていただいておりまして、いつも参考になる情報をありがとうございます。
    街並みも、人も優しくてこれからが楽しみです。
    同じ88年生まれの方がいて心強いです。
    アイルランド生活楽しんでください。

  2. tagamiさん
    コメントありがとうございます!嬉しいです☆これから始まるワーホリ生活、楽しみですね!88年生まれは最高だと思います(笑)
    是非お気軽に絡んでください。せっかくのご縁なので、飲みにでも行きましょう!気が向いたときにメッセージを。

  3. はじめまして。つるとんたんさん。
    本日、ネット検索した所こちらのサイトにたどり着き、遡って記事を拝見させて頂きました。ちょうど本日更新された記事でリアルタイムにコメントできることを嬉しく思います。実は私も89年早生まれの28歳女性です。昨年の10月よりワーホリビザでダブリンに来ています。
    こちらでの生活の様子や、変化しつつある自分の感覚、経験値に対する考えなどが年齢的境遇、ライフステージが近いせいか、すごく共感できました。特にこちらに来るまでの決意やご両親への説得の様子も私にも似たような場面、両親からの返答がありました。
    今後ともまた拝見させてください。楽しみにしています。いつかご縁がありましたら、ぜひご一緒にお話させて頂きたいです。

  4. すみません、同じ名前の方がいらっしゃるみたいで困惑させてしまいました^^;
    上記のコメントは私が書いたものです。

  5. Yu2さん
    コメントありがとうございます!そしてたくさん共感してくださり、嬉しいです^^
    同い年!アラサーは最高に楽しいと最近思っております(笑)
    是非色々Yu2さんのお話もお聞かせいただきたいです!ABOUT MEのところのメアドにお気軽にメール頂けたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です