【ゆるーくダブリンご紹介♯6】「The Little MUSEUM of DUBLIN」は本当に小さい美術館だった

f:id:tsurusae:20170619170807j:plain

「ゆるーくダブリンご紹介」第6弾!

ダブリンの中心地に小さい美術館があるのをご存知ですか?

観光に来ている人はもちろん、こちらに住み始めて間もない方や、アイルランドの歴史について学びたい方におすすめの美術館をご紹介します。

 

f:id:tsurusae:20170619174330j:plain

この時期は観光客で特に賑わうグラフトンストリート。その横に位置するステファンズグリーンパークに沿って右に歩いていくと、見えてくるのがこちらの看板。

 

「The Little MUSEUM of DUBLIN」の特徴は、他の無料の美術館と違ってガイド付きだというところです。

直接美術館に訪れて「今日のチケットを買いたいです」と伝えると、時間指定のチケットが買えます。「この日のこの時間帯に絶対見たい!」と決まっている方は、オンラインサイトからの予約が確実です。

 

指定された時間に行くと受付の人が荷物を預かってくれ、階段を上がって2階に。

 

f:id:tsurusae:20170619175526j:plain

f:id:tsurusae:20170619175514j:plain

部屋はなんとこの二部屋!ち、小さい・・・。

 

f:id:tsurusae:20170619180439j:plain

f:id:tsurusae:20170619180452j:plain

しかし、小さいからと侮るなかれ!ガイドのお兄さんの熱がこもった説明が聞けます。

所狭しと飾られた写真や置物は全てアイルランドの歴史に関わるもの。著名人や戦争の歴史を知らなかった私にとっては、大変ためになる説明ばかりでした。

このガイドのお兄さん、途中で昔の歌を披露してくれるのですが速い速い!

リスニングに自信のある方は是非挑戦してみてください。私はこの歌、全く聞き取れませんでした(笑)

 

f:id:tsurusae:20170619181351j:plain

f:id:tsurusae:20170619181401j:plain

この美術館を設立したのは5年前。展示されている全ての作品が、一般の方からの寄付によるものだそう。アイルランド人の愛を感じますね。

寄付された作品がたくさん集まったから次は「Little」じゃなくて「Medium MUSEUM」にしたいな、と茶目っ気たっぷりで締めくくってくれたガイドのお兄さん。

説明の所要時間は1時間ほどです。

 

f:id:tsurusae:20170619182335j:plain

f:id:tsurusae:20170619182413j:plain

説明が終了したあとは自由にお部屋を見学できます。3階にはまた違った展示が。

 

f:id:tsurusae:20170619182832j:plain

1階では期間限定でPUBの歴史が学べますよ!

 

英語で展示を全て見るのは疲れちゃうなー、と感じる方もご安心を。

「また後日、展示を見に来たいです」と受付の人に言うと、購入したチケットに「Returning」と書いてくれるので次回好きなときに訪れることができます。

優しいサービスですね。

時間が空いたときに気軽に行ける美術館ですので、是非訪れてみてください。

美術館について

美術館名:The Little MUSEUM of DUBLIN

Website:https://www.littlemuseum.ie/

場所:Google マップ

チケット:€8(Student Leap Card 提示で€6)

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

日本人が少ないアイルランドだからこそ繋がりを大切にしよう!

f:id:tsurusae:20170615170407j:image快晴の日は全力で太陽の恩恵を受けようとしているみんなが大好き、つるとんたんです。

 

最近アイルランドでのワーホリが人気だと聞きますが、英語が学べる他の国と比較したらまだまだ日本人は少ないです。

「語学学校に通い始めたら思ったより日本人がいた」と感じている人もいるかもしれませんが、学校が終了している私の立場から考えますと、「同じ学校にいた人たちは今どこで何をしているのー!!」と叫んでしまうほど自分で機会を作らなければ日本人に会いません。

 

「せっかく英語を勉強しにきているのだから日本人の友達はいらない」と思っているそんなあなたに、気の合う日本人の友達を作ったらアイルランドでの生活はもっと楽しくなるよー!をお伝えしたくて今回は記事を書いてみました。

 

日本人の友達を作ったらアイルランドでの生活はこんなに楽しい5つのポイント!

 

1 情報をゲットできる

私は日本人とルーマニア人のフラットメイトと生活していますが、日本人の女の子とは日常生活の役立つ情報を常に交換しあっています。

スーパーの買い物のことから行って良かったお店、求人やイベント情報まで。お互いに日々の生活で発見したことを共有することで、一人で生活しているよりも圧倒的に情報を得られています。当たり前ですが日本語という同じ母国語で話しているので、確実な情報を一早くゲットできるのです。

 

2 落ち込んだときは励まし合える

日本を離れて異国の地で暮らしていると落ち込む出来事に直面することもあります。

家探しや仕事探しのこと。ホームシックになったりすることも。

なので、支えてくれる日本人の友達がいることは大切だと思います。

私も自分の気持ちを素直に表現したいときは日本語を話します。なぜなら、ただでさえ落ち込んでいるのにその気持ちを全て英語で伝えようとするとよりストレスが溜まるからです。

私はアイルランドにきてから落ち込むことが何度かあり、その度に日本人の友達に救ってもらったなと感じています。

 

3 趣味を共有できる

私の好きなことはコーヒー、映画、アートなどなど。

同じ趣味を共有できる友達がいると毎日の生活はより楽しいです。

例えば「新しくできたカフェが良かったよ」や、「見た映画も映画館も最高だった」と自分のおすすめを誰かと共有できる喜びは日本にいてもアイルランドにいても同じです。

「おすすめしてくれたカフェ、本当に最高だった」と、言ってもらえたときはさらに嬉しかったり。また同じ趣味だけではなく、違う趣味をもつ友達と遊んだら自分の知らない世界を教えてもらえる素晴らしいきっかけになると思います。

 

4 気になるイベントやパブにいける

探せば毎日イベントを開催しているアイルランドの首都ダブリン。

せっかく気になるイベントを見つけたのに一人で行くのは億劫だなって思ったりすることはありませんか?

気の合う友達がいれば誘って一緒に参加できますよ!海外のイベントを楽しめるチャンスを見逃すのは勿体ないです!

そしてアイルランドの素晴らしいところは毎日音楽が楽しめること。

私は騒がしいパブやナイトクラブには行きませんが、しっとりとアイリッシュミュージックを聞くのは大好きです。そして、一人で音楽を聞くよりも音楽好きな友達と「良いねー!」と言い合う方が楽しいです。

 

5 海外で熱い友情が築ける!

日本を飛び出し、違う国で生活している私たち。海外で出会うみんなが日本にいたら絶対に出会うことがなかった人たちです。

別々の人生を歩んできた人たちと今までのストーリーを話し合える機会はなんて貴重なのでしょうか。人生のヒントや刺激をもらえることは間違いないです。

そして、日本で出会っていたら立場や肩書きを気にしてそこまで仲良くなっていなかったでしょう。

出会えたことに感謝し、一緒にいられる時間を大切に。

この先離れ離れになったとしても、海外生活の中で築き上げた友情は一生続く宝物ですよ!

 

いかがでしたでしょうか?

最後に少しだけ私の持論を書かせてください。

私がこうしてブログを通してアイルランドの生活やイベント情報、お店や仕事探しについて発信し続けているのは、素晴らしい可能性を秘めたあなたに海外で輝いてほしいからです。

私は例え自分が一番したかった仕事を他の誰かがゲットしたとしても、その人に嫉妬することは絶対ないと断言できます。

なぜなら、その人が「ラッキーだった」と言ったとしても、見えないところで必ず努力をしているのを知っているからです。

ライバルは常に自分。ネガティブな気持ちはポジティブな力に変えよう。

アイルランドで出会える日本人の人たちはあなたのライバルではなく、苦楽を共にしながら海外生活を送れる最高の仲間だよ!

 

私は外国人の友達も日本人の友達も大切にして生きてます。

日本人が多いと言われるカナダやオーストラリアだって英語が伸びる人は必ずいますし、日本にいたって自分次第で英語はいくらでも勉強できます。

英語を使う機会が多いアイルランドだって英語を話さないで生きようと思えば生きていけます。

「周りに日本人が多いからだ」と、英語が出来ないのを環境のせいにしているうちは絶対伸びないと私は思います。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

野外映画鑑賞「バック・トゥ・ザ・フューチャー」

f:id:tsurusae:20170616165321j:image

野外で映画鑑賞をしてきました!

 

見た映画は懐かしい「バック・トゥ・ザ・フューチャー」!!!!!

何度見ても面白い名作です。

今回参加したイベントを運営しているのは「HAPPENINGS」

http://www.happenings.ie/

実はこの野外映画鑑賞イベント、過去2回雨で順延してました。さすがアイルランド

3度目の正直でようやく開催されることに!

 

f:id:tsurusae:20170616165604j:image

イベント場所の公園、「Fitzwilliam Square」に入るとすでにたくさんの人が映画を楽しみに待っていました。この雰囲気に大興奮!

 

f:id:tsurusae:20170616165607j:image

映画鑑賞のお供、ポップコーン!

 

f:id:tsurusae:20170616165616j:image

f:id:tsurusae:20170616165620j:image

フードコーナーも充実してました。石窯で焼き上げていたピザが大人気。

 

f:id:tsurusae:20170616165718j:image

f:id:tsurusae:20170616165720j:image

飲みながら食べながら思い思いに過ごして日が沈むのを待ちます。

すでに午後9時過ぎでしたが、まだまだ明るいサマータイム時期。

ヨーロッパにいるんだな、と改めて感じます。

 

f:id:tsurusae:20170616165721j:image

そして午後10時、ついに映画がスタート!

懐かしのマーティとドク!!

見始めたらあっという間。見終わった後には続きの「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」が見たくなりました。

 

サマータイム時期で盛り上がっているダブリン。イベントの数もものすごく増えてきています。

皆さんも気になったイベントに友達と参加して、アイルランドの夏を楽しんでみてください。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

【ゆるーくダブリンご紹介♯5】日本人バリスタが働くお店「Joe's coffee」インタビュー篇

f:id:tsurusae:20170608205311j:plain

 

「ゆるーくダブリンご紹介」第5弾!

「インタビュー篇」をお届けします。「カフェ篇」をまだお読みでない方はこちらからどうぞ。

 

tsurutontan.hatenablog.jp

 

2014年11月よりカナダのバンクーバーでワーホリを1年。その後、2016年4月からアイルランドのダブリンにてワーホリを1年。現在は学生ビザにきりかえて滞在中の堀さん。

バンクーバーとダブリンのワーホリについてインタビューをさせていただきました。

 

二か国でワーキングホリデーをしてみた感想と違いを教えてください。

最初に家を探し、語学学校へ行き、仕事を探すという流れは同じです。ただ、バンクーバーはダブリンに比べて情報量が圧倒的に多いので何もかもが楽でした。

バンクーバーでは現地の日本人エージェントのサポートにより到着してから2日で家を見つけ、語学学校もリストを見せてもらい選べました。とにかく欲しい情報は何でも日本語で手に入ったと思います。

ダブリンでは最初の1週間は家を見つけられず、毎日Daftを使って家を検索し、連絡し続けていました。良い家を見つけられるのは本当に運だと思います。

ホステルで知り合った友達に誘われ1ヶ月だけ語学学校へ。その後CV(英文履歴書)を配りはじめました。去年の7月から現在の仕事を継続中です。

 

バンクーバーとダブリン、どちらの方が生活費はかかると思いますか?

通貨レートを考えるとダブリンだと思います。あとは仕事次第でしょうか。仕事をはじめてからは特に贅沢をしない限り、お金には困りません。

バンクーバーでは日本食レストランで働くとチップだけで生活できるのでダブリンよりお金は貯められると思います。 

 

バンクーバーとダブリン、どちらの方が仕事を見つけやすいですか?

圧倒的にバンクーバーだと思います。英語環境にこだわらなければすぐに見つけることが可能です。

日本食レストランの数も多いですし、ほとんどのスタッフがワーホリビザで働いているため入れ替わりが激しく、いつでも求人募集をしています。

キッチンだと日本人しかいないところもあり、英語力が低くても見つけられますが、ダブリンはバンクーバーよりある程度の英語力が求められると思います。 

 

ダブリンではいつ仕事が見つけやすいと思いますか?

ワーホリビザの場合、9月中旬から12月に入るまで、もしくは1月ごろから5月までが狙い目だと思います。

なぜなら学生ビザを持っている学生がそれ以外の時期だとフルタイムで労働が可能なため、求人が少なくなっていきます。

特に南米(ブラジル等)の学生はアクティブで高いスピーキング力を持っているので日本人より決まりやすいのかもしれません。

 

バンクーバーとダブリンの英語環境の違いについて意見をお聞かせください。

聞き取りやすいのは間違いなくバンクーバーですね。元々日本人はアメリカ英語で学んでいますし、カナダ人も非ネイティヴスピーカーと話し慣れています。

アイルランドはもともと訛りが強いのもありますが、聞き直しても同じトーンやスピードなので全く分からないときが未だにあります。

アイルランド人もカナダ人も基本的にみんな良い人でおしゃべり好きなので、英語を鍛えるには良い環境です。

また日本の文化(特にアニメ)に興味を持っている方も多くいたので、少なからず知識を蓄えておくと良いと思います。 

 

【永久保存版】堀さん一押し!ダブリンのカフェをご紹介

f:id:tsurusae:20170614074658j:plain

では、ここからはダブリンのコーヒー事情と一押しのカフェを堀さんの解説付きでお届けいたします。コーヒー好きは必読!堀さん、よろしくお願いします。

 

「今回ご紹介するカフェは、僕も働いている環境であるスペシャルティーコーヒーの分野からです。コーヒーの質はもちろんながら、それ以外の分野にも力を注いでおり、お店によって様々なスタイルがあります。

ここ数年でダブリンのコーヒーカルチャーは確実に伸びてきており、スペシャルティーコーヒーショップを見つけるのは難しくありません。

街中にあるチェーン店と比べるとどうしても割高で、経済が上向きのダブリンに住んでいる人々でさえ、高いと感じているそうです。

確かにコーヒー一杯€3以上、それにランチなどを加えると€10を超えることも。

しかし、腕の良いバリスタ、可能な限り快適に過ごせるよう計算された店内、そしてお店全体の雰囲気を生み出だす心地よい音楽、と全てがハイスタンダードです。

その中でも特におすすめのカフェをリストアップしたので、機会があれば是非訪れてみてください。」

 

1 Love Supreme

シティーセンターからは少し離れていますが、そのおかげでゆったりした雰囲気と地元感が味わえます。日本人バリスタが1人働いているので行きやすいのではないでしょうか。

来店する方の客層も高く、アイルランドの良さをいつも感じられます。

最近新しい店舗(Portobello)がオープンしたので訪れる機会がありましたが、甲乙つけがたいほど素晴らしいです。自家製ソーセージロールが僕の一押し。

Website:http://www.lovesupreme.ie/

場所:Stoneybatter店 Google マップ

   Portobello店 Google マップ

 

2 Network

f:id:tsurusae:20170615052157j:image

f:id:tsurusae:20170615052207j:image

シティーセンター内に位置するので行きやすく、お客さんの入れ替わりも激しく忙しいイメージがあります。とはいえ、それをあまり感じさせないバリスタの対応が流石です。

Wi-fiも完備しているので友達を待つときやちょっと時間を潰したいときに覚えておきたいカフェです。

Website:http://www.networkcafe.ie/

場所:Google マップ

 

3 Urbanity Coffee

ダブリン7、スミスフィールドのすぐ近くに位置するカフェ。

コーヒーだけではなく、高いクオリティのフードも特徴です。店内は落ち着いた雰囲気でWifiも完備しているため快適に過ごせます。

そして、僕の一押しポイントはコーヒーを自家焙煎していること。いつでも新鮮で質の高いコーヒーを飲むことができます。

早朝(平日は7時)からオープンしているので朝に市内を散歩したときや、友達と休日を過ごす場所としても最適です。

ランチタイムは忙しいので、長く滞在してコーヒーを楽しみたい方は時間をずらすことをおすすめします。

Website:http://urbanitycoffee.ie/

場所:Google マップ

 

4 Industry&Co

f:id:tsurusae:20170615052305j:image

インテリアショップの中に併設にしているのが特徴のカフェ。

コーヒーの味もさることながら個人的にはフードをおすすめしたいです。注文の仕方が少し複雑ですが、バリスタに聞けば親切に教えてくれますよ。

テイクアウトもできるので、ランチタイムは比較的混みあっています。ヘルシー志向の強い方やビーガンの方にも対応しているフードが特色。

ダブリンのベジタリアンフードのクオリティの高さが感じられます。

スイーツも全て自家製レシピで、塩ブラウニーは病みつきになる味!

Website:https://industryandco.com/

場所:Google マップ

 

5 Cocobrew

f:id:tsurusae:20170615052345j:image

テンプルバーに位置しており非常にアクセスしやすいロケーションなので、ダブリン在住の方だけではなく、観光で来られている方にもおすすめです。

スーパーフードに力を入れており、コーヒーだけではなくスムージーやケーキ類も美味しいCocobrew。

常に混雑しているテンプルバーエリアにもかかわらず喧噪とは無縁のため、本やパソコンを持ち込んで過ごしている方もよく見かけます。

Website:https://www.facebook.com/www.cocobrew.ie/

場所:Google マップ

 

「もちろんまだまだおすすめしたいカフェはあります!10店舗以上・・・(笑)」と熱いコーヒー愛を語ってくれた堀さん。ご協力いただきありがとうございました!

日本人バリスタがおすすめするダブリンのカフェ、ぜひ一度訪れてみてください。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

【ゆるーくダブリンご紹介♯5】日本人バリスタが働くお店「Joe's coffee」カフェ篇

f:id:tsurusae:20170524200324j:plain

 

「ゆるーくダブリンご紹介」第5弾!

日本人バリスタが働くお店、見つけました。今回は「カフェ篇」と「インタビュー篇」の豪華2本立てでお送りします。では「カフェ篇」をどうぞ。

 

大通りと大通りをつなぐわき道、Montague Street。

「Joe’s coffee Montague St」店にて、日本人バリスタ堀 真(ほり まこと)さんは働かれています。

f:id:tsurusae:20170526230819j:plain

 

つるとんたん目線で語るお店の魅力

f:id:tsurusae:20170526233227j:plain

窓から光がさしこむ開放的な店内。

 

f:id:tsurusae:20170526233920j:plain

2階はさらに静かで一人でのんびりしたい方や作業をしたい方におすすめ。

 

f:id:tsurusae:20170526233535j:plain

窓際に置かれているコーヒー雑誌は読み放題。

オフィス周辺の店舗なので平日は働いている人でにぎわいますが、休日は空いています。(日曜日は日によって休業の場合も)

休日に英語の勉強をしたい人におすすめのお店です!

 

f:id:tsurusae:20170527000008j:plain

コーヒー好きにはたまらない雑誌、買えます。STANDART €11

スペシャルティーコーヒーの文化を伝えるマガジン。

日本でも2017年、創刊号が生まれました。

https://standartmag.com/

 

f:id:tsurusae:20170527001753j:plain

ドリンクに使用するコーヒー豆も2種類ご用意。

 

f:id:tsurusae:20170613183217j:plain

いつだって素敵なラテアートを描いてくれます。

 

そして最大の魅力は堀さんからコーヒーの世界が学べるところ!

f:id:tsurusae:20170527002338j:plain

コーヒー豆を一緒に選んだり。

 

f:id:tsurusae:20170527002820j:plain

コーヒー器具についても教えてもらえます。

日本から輸入している物や、AEROPRESS(エアロプレス)という興味深い抽出器具まで様々。

 

堀さんが働かれている様子を覗いてみましょう

f:id:tsurusae:20170527010916j:plain

f:id:tsurusae:20170527011144j:plain

お客様から注文を受けて英語でやりとり。

 

f:id:tsurusae:20170527012318j:plain

f:id:tsurusae:20170527012503j:plain

ドリンクを仕上げて。

 

f:id:tsurusae:20170527013141j:plain

提供まで一人で行っていました。

堀さんはカナダでワーキングホリデー中にスターバックスで働き、その経験を活かしてアイルランドではカフェのお仕事をされています。

 

コーヒー、そしてお客様とお話しするのが好きなんですよね

私が初めてこのお店を訪れたときも「日本人の方ですか?」と堀さんの方から話しかけてくれました。その気さくな人柄がコーヒーをより美味しくしているんだなと感じます。

 

f:id:tsurusae:20170608200744j:plain

話すのが好きだから英語も楽しみながら学べます

接客中の堀さん、素敵な笑顔です。

 

堀さんはいつ働かれてるの?

現在は語学学校に通われているため、土日に勤務されていることが多いです。

「Joe’s coffee」の系列店、「Alchemy Juice Co.」で働かれているときもあります。

http://www.alchemyjuice.ie/

 

コーヒー好き集まれー!堀さんとカフェジャーニーをしよう!

他におすすめのカフェをお聞きすると「ありすぎて語りきれません!」という答えが。

次の「インタビュー篇」では堀さんが選ぶカフェをいくつかご紹介しますが、お時間があるときはカフェジャーニーにも連れて行ってくれます!

私もつい先ほど一緒にコーヒーを楽しんできました。コーヒーにもダブリンにも詳しくなれちゃいます。

「Joe’s coffee」に訪れて堀さんとコーヒーの世界を楽しんでみてはいかかでしょうか?

 

お店について

店名: JOE’S COFFEE(Montague St)

website: http://www.joes.ie/

場所: Google マップ

 

Makoto Hori

カナダとアイルランドでワーキングホリデー後、現在は学生ビザでダブリンに滞在中。 

趣味はカメラとカフェ巡り。

 

続いての「インタビュー篇」ではおすすめのカフェや、カナダとアイルランドのワーホリの違いについてお話を伺ってみました。 

 

f:id:tsurusae:20170613174211j:plain

Tシャツも可愛いです。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

ダブリンで無料の写真イベントを開催【6/23-6/25】

f:id:tsurusae:20170607185511j:plain

 

どうも!つるとんたんです!

みなさんにアイルランドでの生活をもっと楽しんでもらうためにダブリンで無料の写真イベントを開催します!

開催日は【6/23~6/25】の3日間

※詳細は下記ご確認ください

今回は私のお友達、フランス人写真家のMichael(ミカエル)に協力してもらい、「ミカエルが教える!写真の撮り方講座」と「ミカエルが撮る!素敵なプロフィール写真撮影会」の2つのコースをご用意しました。

 

「ミカエルが教える!写真の撮り方講座」

【日時】 6/23 14時~16時

     6/24 13時~15時

     6/25 13時~15時のなかからお選びいただけます。

【場所】 シティーセンター近くを予定しています。場所は確定次第、参加される方にお知らせします。

【内容】 2時間の講座です。前半の1時間はミカエルが一眼レフ・ミラーレスカメラでの写真の撮り方について説明、後半1時間は実際にダブリンを歩きながらのフォトウォークを予定。(雨天の場合は内容を変更)

▶どんな方におすすめ?

初心者から中級者の方向けの講座です。一眼レフは持っているけれど、上手く使いこなせない、オート以外の機能も使いたい方におすすめ。

また、ミラーレス一眼の方、今はカメラを持っていないけれども写真について学びたい方も是非ご参加ください。

ミカエルが持ってきてくれるカメラやレンズ、お試しできます!

さらにフィルム代(1枚4ユーロ)を負担していただければ、ポラロイドカメラで写真を撮ることもできます。

ポラロイドカメラは「Polaroid SLR680」を予定しています。

https://eu.impossible-project.com/products/polaroid-600-camera-slr-680

使用するフィルムをダブリンで購入するため、少し高くついてしまうことをご了承ください。

 

 

「ミカエルが撮る!素敵なプロフィール写真撮影会」

【日時】 6/23 17時~19時

     6/24 16時~18時

                  6/25 16時~18時のなかからお選びいただけます。

【内容】 ミカエルに、あなたの素敵なプロフィール写真を撮ってもらいます!

【場所】 シティーセンター周辺。以下の場所からお好きなところを選んでください。

① トリニティカレッジ

② テンプルバー

③ ステファングリーンパーク

④ その他(上記以外で「ここを背景に撮ってほしい!」とのご要望がありましたら、可能な限りご対応します。)

※雨天の場合、みなさんのご希望に合わせて日時、場所の変更をさせていただきます。

 

【所要時間】 1人あたり10分~20分を予定。

参加してくださる方に合わせてこちらでタイムスケジュールを組ませていただきます。

そして全員の写真を撮り終えたあとは、ミカエルを含めて軽いお茶会か飲み会を予定してます^^

 

▶写真のお渡しについて

ミカエルがフランスに帰ったあと、本気で写真を仕上げます。なので、お渡しまで少しお時間をいただきますことをご了承ください。

「参加方法」

以下の内容を記載していただき、6/20までに私の連絡先までメールをお送り下さい。

 

「ミカエルが教える!写真の撮り方講座」

① ご氏名

② 当日のご連絡先(携帯番号等)

③ ご参加したい日時(例:6/23 14時~16時)

④ 所有しているカメラ(持っていない場合は空欄で結構です)

⑤ 何について学びたいか(例: 写真を撮るときの光の加減)

※事前に教えて頂ければ、当日の講座内容に反映したいと思います。

⑥ ポラロイドカメラで写真を撮ってみたいかどうか

※フィルムの準備のため事前に教えて頂けると嬉しいです。

 

「ミカエルが撮る!素敵なプロフィール写真撮影会」

① ご氏名

② 当日のご連絡先(携帯番号等)

③ ご参加したい日時(例:6/24 16時~18時)

④ 撮ってもらいたい場所(例:テンプルバー)

 

*連絡先*

tsurutontan.belgium@gmail.com

 

「写真の撮り方講座」と「プロフィール写真撮影会」どちらか、もしくは両方参加もOK!

参加する際のご質問、ご要望がございましたらお気軽にお聞きください。

みなさんからのメッセージを元にタイムスケジュールを作り、個別にご連絡いたします。

参加できる日が複数ある場合はその旨を記載していただけるとこちらで人数調整をさせて頂く際に大変助かります^^

また、友達を誘ってのイベントの参加ももちろんOKです!(外国人のお友達も)

さらにアイルランドにいなくても、開催日にダブリンにお越しくださればどなたでもご参加可能です!

私もこのイベントを通してたくさんの方にお会いしたいですし、一人でも多くの方にアイルランドで素敵な思い出を作ってほしいです!

是非、お気軽にご参加ください!みなさんからのメッセージお待ちしていまーす!

 

ミカエルがどんな写真を撮るのか、気になった方はこちらからどうぞ。

日本の写真もありますよ!

Michael Flocco

https://www.flickr.com/photos/michawha/

 

f:id:tsurusae:20170607214359j:plain

私の実家、ラーメン屋で町内会の方に法被を着せられ、高橋になったミカエル。

 

 

チェコ・オーストリア・スロバキア

f:id:tsurusae:20170608164937j:image

お久しぶりです!つるとんたんです!

以前アイルランドで知り合った日本人ブロガー3人が東欧に集合し、「大人の修学旅行」をしてきました!

一人旅が大好きな私ですが、気の合うメンバーで旅するともっと楽しい!を実感。

今回は旅のハイライトと旅行中に感じたことをつらつら書いていきます。

 

友達同士の旅ならAirbnbがおすすめ!

現地の人から宿泊施設を借りるサービス、「Airbnb」。

私も今回初めて利用してみましたが大変良かったです!現地の暮らしの様子が伺えますし、人数が多ければ部屋もお安く、貸し切りで使えます。

ホストとのやり取りも英語なので、英語の勉強にもなります。

私たちはこの旅で3つの宿泊施設を利用しました。一人旅だとホステルが無難ですが、お友達との旅行では「Airbnb」で宿を検討してみると選択肢が増えるかなと思います。

 

自分だけだったら行かない場所にも行ける! 

f:id:tsurusae:20170608164330j:imagef:id:tsurusae:20170608164358j:image

ビールが好きではない私はダブリンの「ギネスストアハウス」もまだ訪れていません。

プラハチェコ)ではビール好きな2人に連れられて「ピルスナーウルケル醸造所」に。初めてのビール工場見学でしたが、思い出に残るすごく良い体験でした。

美人ガイドのお姉さんに案内され、「ピルスナー・ウルケル」の歴史や昔と今の製法の違いを学び、最後はビールで乾杯。

一人では絶対に行かなかったので、このビール工場見学を提案してくれた二人にはとても感謝しています。

 

大人の修学旅行は自由行動もくわえるとさらに楽しい!

ウィーン(オーストリア)では博物館や美術館等、見どころがたくさんあり、それぞれ見たい場所が違ったので1日自由行動にしました。

アート好きな私は「美術史美術館」に行き、4時間超えで一人の時間を堪能。

ワイワイみんなで過ごす時間と一人でゆっくり過ごす時間の両方があると、友達との旅行が苦手な人も楽しめるかなと思います。

自由行動のあとは「どこで何をしたのか」をみんなでシェアするのも面白いです。

 

f:id:tsurusae:20170608164443j:image

f:id:tsurusae:20170608164838j:image

f:id:tsurusae:20170608164508j:image

豪華絢爛な美術史美術館。

 

f:id:tsurusae:20170608164556j:image

f:id:tsurusae:20170608165024j:image

エジプトの美術・歴史コーナーも充実。

 

美術館好きは絶対作っておこう!Student Leap Card

www.studentleapcard.ie

語学学校に通われている方は作っている「Student Leap Card」。アイルランド内でもバスやお店、映画館の割引に使えますが、旅する方はさらにヨーロッパの美術館で学生割引にも使えます!

私も今回の旅で学生割引の良さを実感。十分元がとれるので作って損はないです。

 

ウィーンから電車で1時間。弾丸でスロバキア

旅の当初はレンタカーと借りて「サウンド・オブ・ミュージック」の聖地、ザルツブルクに行こうと予定していたのですが、あいにくの雨予報だったので変更してスロバキアへ。電車で1時間、往復€16。

 

月の初めの第一日曜日は美術館が無料。

スロバキアの首都、ブラチスラヴァを散策したのち、ブラチスラヴァ城内にある国立歴史博物館へ。

「チケットはいくらですか?」と尋ねると「今日は無料よ」と。

それで思い出したのですが、ヨーロッパの美術館は第一日曜日だと無料で開館していることが多いです。ベルギーは全ての美術館が対象。(友達いわく)

パリも第一日曜日が無料の美術館がいくつかあります。

アート好きな人は美術館を訪れる前に是非チェックしてみてください。

 

f:id:tsurusae:20170608164631j:imagef:id:tsurusae:20170608164637j:image

 

やっぱりアイルランド、ダブリンは私のHOME

今回の東欧旅行。どこも街並みが美しく、素敵でついついアイルランドと比べてしまいました。でもダブリンに帰ってくると不思議とホッとした自分がいます。

私のHOMEはここなんだな、と改めて感じたつるとんたんでした。

真夏の東欧と違って相変わらずの雨模様だけど、好きだよアイルランド

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村