2016年 アイルランドワーキングホリデーまでの経緯

月曜からニート生活がはじまりもう5日が経ってしましました。

とっても楽しいです( ´ⅴ`)

今日はワーホリ準備期間のまとめを書いておこうと思います。

2015年 

2016年内に仕事を辞めてワーホリに行くことを考え始める。

第一候補はイギリス。

1月 

YMSビザに見事に落選(´;ω;`)ブワッ 

しばらく放心状態が続く。でも来年当選するかなんて保証もないし、仕事と年齢を考えても絶対今年しかないと考える。他の候補地を検討した結果、「アイルランドって素敵な国!」って思えたのでアイルランドに決定。申請書をメールで送る。

2月

申請許可メールが届く。両親に報告。エージェントに相談。卒業証明書と残高証明書を手配する。

3月

会社に7月末で退職する旨を報告。

4月

アイルランド入国日を9/4に決める。航空券手配。海外保険加入。

その他必要な書類を一式揃えて4月末にアイルランド大使館に送付。

6月

他の人のブログを見ると1か月くらいで許可証が送られてきているが全く来ないので心配になる。そわそわ(;´∀`)

心配性なので大使館に電話してみる。最初どう担当者につながるのかわからず何度も電話かけては音声ガイダンスと会話する。笑

ようやくつながり、まだ手続きしていますのでお待ちください。と教えてもらう。担当者の方は優しかったです。やっぱり出国日が早い人から手続きしていくので、遅い人は時間がかかるみたいです。

6月の終わりに無事届きました☆イエッフーイ!

7月

仕事の引継ぎで頭がいっぱいで全く英語を勉強する余裕がなかったです。

私生活は本当適当なんですが、仕事に関してはきっちりこなしたいので、寝る前に仕事のことを思い出しては「あ!あれ引き継がなきゃ」とか毎日考えてました笑

8月

ニート生活満喫中です!

とこんな流れでした。

アイルランドのワーホリビザを申請した人からみると一つだけ疑問があるかなと思います。それは、私は第一申請期間(8/31以前に渡航予定の方対象)で申し込んだのにもかかわらず、入国日が9/4だということです。

結論からいいますと、アイルランド大使館にお願いしました。

エージェントに語学学校の相談をした際、9月から学校に通うと割引制度がある学校が多かったんですね。それでエージェントさんもアイルランドに住んでいたことがあり、入国日は多少は変更できますよって教えてくれたんです(; ・`д・´) ナ、ナンダッテー!! (`・д´・ ;)

とりあえず大使館に相談してみようと思ってHPからメールで質問しました。HP全部英語で「Contact Us」ってところも英語だったので、これは英語で質問するのかな?って思って英語で「語学学校の関係で入国を9/4にしたいんですが可能ですか?」って聞きました。

2週間後くらいに返事が返ってきて、

「こちらご回答にお時間かかってしまい、申し訳ありません。4月末までに応募書類一式をご送付いただければ対応いたしますので、ご準備をすすめてください。よろしくお願い致します。」ってお返事が!!!

日本語で(笑)

なんかすごい恥ずかしい気持ちになりました(笑)

日本のアイルランド大使館への質問は日本語で大丈夫です。

とういうことで日にちを9/4に決めました。

もし渡航日で迷われている方がいましたら大使館に相談してみるのがいいと思います。

アイルランドセミナーに来られていた大使館で働かれている方もとても感じが良い方だったので、大使館は柔軟に対応してくれるのかもしれません。

早くスーツケース買わないと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です