ダブリンで仕事探しは大変? 後編

こんにちは!前回に引き続きお仕事探しのお話をしていきたいと思います!

 

③ 日本食レストランで働く

ダブリン、日本食レストランけっこうあります!

せっかく海外にきたのにジャパレスで働きたくない!って人もいるかもしれません。でも私的には働く環境はとても良いと思います。

実際に日本食レストランで働いている人は日本人以外が多い

ぱっと見だと従業員さんは日本人に見えますが、いざご飯食べてみると韓国やタイ、中国の人が働いていて日本人は少ないです。そしてお客さんとはもちろん英語で対応しなければいけないので自然と英語を使う環境で働けます。

日本人の強みがいかせる

私たちはすでに働く上での基本的知識を持っていますね!お客さんに「この料理ってどんなの?」って質問されても答えやすいです。全く知らない料理より、知っている料理だとよりわかりやすく説明でき、お客さんへの印象もアップです。お客さんも日本食に興味があって食べに来ているので、日本人スタッフと交流できるは嬉しいでしょう。

応募するときの競争率が低い

基本的にダブリンのお店では忙しいシーズンの人員増員で人を雇うか、働いている人が辞めるので代わりの人を雇うかです。

日本食レストランの求人にまずヨーロッパ系、南米系の人は応募しません。(働いている人はよほど日本通でしょう)

雇う側もお店の雰囲気づくりの為、アジア系の人を雇いたいはず。ということで応募する時点から競争率がグッと下がります。そしてこのアジア系の人たちは学生ビザかワーホリビザで働いてます。

彼らのビザのタイミングでお店側も新しい人を雇わないといけないので求人広告もでやすいです。

「過去に一度すべての日本食レストランにCV配ったけどダメだったよー」って人も、もしかしたらタイミングが悪かっただけかもしれないので、こまめにチェックしてみると求人がでてるかもしれません。

私は日本食レストランで働いていた友達に「私と他の人辞めるからここのお店そのうち求人でるよー」って教えてもらったことがあります。コネクションは本当大事!

違法経営者には注意しよう!

これは残念なお知らせですが、中国人経営者の日本食レストランで支払われる賃金がアイルランドの最低賃金を下回るケースがあります。アイルランドが定めている最低賃金は時給9.15ユーロ。でもそこでもらえる賃金は7ユーロ(´・ω・`)

もちろん全ての日本食レストランがってわけじゃないです!個人経営の日本食レストランだけご注意を。面接、契約サインの際に確認してみてください。

 

④ オペアで働く

オペアとはホームステイをしながらその家の子供たちをお世話するお仕事です。家賃がかからない上にお金がもらえて子どもたちとの会話から英語が学べます。

語学学校で一緒だった韓国人の子はコークでオペアで働いていたそうです。

ホームステイしなくても日中だけベビーシッターや介護施設のお手伝いをする仕事、ご高齢の方のケアのお仕事など探せば色々あるみたいです!

私のハウスメイトは語学学校の友達つながりでアイリッシュのおばあ様のお世話をするお仕事をしてます。コネクション活用ですね!

https://www.babysits.ie/

ベビーシッターの仕事を探せるサイトです。

語学学校時代のメキシコ人の友達とたまたま道で会って教えてもらいました。私が「ニートだよ」っていうとこっちの友達はみんなものすごーく心配してくれます( ´ⅴ`)(笑)みんな優しいです。

 

⑤ 日本人のお客様対応のコールセンターで働く

英語力に自信がない!お金もない!でもまだまだダブリンにいたい!って人はとりあえずこの仕事で食いつなぎましょう。

日本人スタッフを募集している会社、けっこうあるみたいですよ!このお仕事の大変なところは「日本時間で働かなければいけない」ところです。現在は9時間(サマータイムは8時間)の時差があるので、体力的に厳しいですね。でもその分時給が深夜込みでアップします。

ただ英語は使わず日本語での仕事なので、個人的にはあまりオススメできませんが、もう本当にお金ピンチなんです!って方は試してみてください。

 

⑥ 他の都市にうつることを検討する

日本が東京だけじゃないように、アイルランドも魅力的な都市はダブリンだけじゃありません。ダブリンの少し郊外まで仕事探し範囲を広げてみたり、第2の都市コークを検討してみたり、自分次第で可能性は拡がると思います。

語学学校が一緒だった子はダブリンから少し離れて、今はB&B(ベッド&ブレックファスト)で住み込みで働いてます。

私はまだ他の都市を見に行ったことがないのですが、コークには興味があるので近いうちに行ってこようと思います。

 

⑦ 【番外編】漁師になる!?

これ、すごい面白い話だったのでシェアさせていただきます。ハウスメイトがたまたま知り合った日本人の男性の方、こちらで漁師として暮らしているそうです。なんでも以前他の国でワーホリしていたこともあり、アイルランドに来た際もダブリンではなく、田舎の地域で直に交渉したそうです。

しかもどれだけ釣ったかでお金がもらえるそうで、仕事はハードですが腕次第でもうかるそうですよ!(笑)

こんな方法もあるんだ!って気がつかせてくれるお話ですよね。

以上、ニートつるとんたんからのお仕事探し情報でした!私が言っても全然説得力ないですが、自分を信じて探し続けていれば絶対絶対見つかりますよー!

私も自分の方向性が決まったら仕事探ししてみようと思うので、そのときまた記事を書こうと思います。

“ダブリンで仕事探しは大変? 後編” への4件のフィードバック

  1. こんにちは。
    私は今年の1期ワーキングホリデーに申請しました!そして、申請が許可されれば今年の5月末からアイルランドへ行く予定です!
    このブログを初めから読ませてもらって、凄く勉強になりました!!役立つ情報がたくさんでした!!
    アイルランドやヨーロッパへ行ったことが無いのですが、つるとんたんさんのブログで渡航するのが今はとても楽しみです!!!許可されれば良いですが(笑)
    ブログを読ませていただいて、すごく人に愛されて、どなたとでも親しくなれる方なんだなと印象を受けました。私は人見知りでシャイなので、アイルランドへ行って後悔しないようにフレンドリーになれるようにしたいと思いました!
    また、渡航が決まったらアイルランドでの生活や気になることなど質問させていただきたいです!!
    こんなに長くなってしまいすみません、笑
    これからもブログの更新頑張ってください!!

  2. nonさん
    初コメントありがとうございます!私も申請中はものすごくドキドキしてました(笑)
    たくさんお褒めの言葉を頂いて、恐縮です。ありがとうございます!
    実は私もすごくシャイなところがあります(笑)でもヨーロッパの人はみんな陽気ですぐ打ち解けて友達も出来ますよ!初めてのヨーロッパ、ドキドキですね。絶対素晴らしい経験になると思います☆
    また是非コメント、質問いただけたら嬉しいです。
    そしてアイルランド、ダブリンに来た際は一緒に飲みに行きましょう!

  3. つるとんたんさん
    初めまして。Mayと申します。
    初コメですが、毎回楽しく拝見させていただいております!
    私もアラサーでして、つるとんたんさんのブログで励まされておりました。色々と悩むことが多い年頃なので・・・笑 そして、今回ワーホリに応募しまして、行けることになりました!5月末頃にはアイルランドの地を踏みしめることができそうです。
    またブログを読み返させていただいて、準備をしていこうと思います!
    また何かでお話しできればと思います:)
    これからもブログ楽しみにしています!

  4. Mayさん
    初コメントありがとうございます^^
    アラサーは悩みますよね、すごいわかります(笑)私も日々悩んでましたが、アイルランドにきて良い感じに年齢忘れてます、たまに思い出しますが(笑)
    ワーホリ手続きと準備頑張ってください!わからないことがあればお気軽に聞いてくだされば^^
    アラサー女子が海を渡ってアイルランドに来てくれるのは私にとっても大変嬉しいので、是非来た際は一緒に飲みましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です