ヨーロッパで働きたかった私が一番はじめにしたこと

こんにちは、つるとんたん(@tsurutintin)です。

海外就職したい!と思っても当時の私は何から始めたら良いか全くわかりませんでした。

試行錯誤したのち考え抜いたのが先人の経験を参考にするのが一番なのでは!?

そしてたどり着いたのがこちらのブログです。

 

LIFE BEFORE 30

http://lifebefore30.com/how-can-i-work-abroad/

http://lifebefore30.com/finding-a-job-these-days-a-practical-guide-to-unconventional-job-hunting/

Elainaさんはニューヨークで経営コンサルとして働いたあと、アジアやヨーロッパの企業に就職。現在は個人の事業をしながら世界中を飛び回りつつ、海外で働きたい人たちの支援コンサルをしています。

就職活動における理論や実践的な内容が記載されているので、是非時間があるときに一読して頂きたいのですが、重要なポイントを抜粋しました。

 

  • ただ仕事がほしいのか?それともキャリアを変えたいのか?
  • 動き出す前に3ヶ月ほど準備期間を設ける
  • 需要が高い具体的なスキルを取得する
  • 実際にその国に行き、ローカルコミュニティを大切にする
  • 仕事を探す前に自分の過去の経験や職務内容の詳細を作る(ものすごく考えて具体的に)
  • 自分の理想的な職務内容に沿った企業をグーグル検索で探す(1ページ目だけじゃなく20ページ以上)

 

この内容を元に私が実際に行った行動

 

  • 就職したい国について詳しく調べる。(ビザの状況だけでなく、実際の暮らしの様子など)
  • 今までの経験と職務内容を詳しく書きだして英語に訳し、さらにネイティブの友達に添削してもらい、自分史上最高の英文履歴書を作る。
  • ベルギーにある日系企業を徹底的にリストアップする(←当時ベルギー就職希望だった為)
  • Linkedln作成。IndeedやMonsterなど有名求人サイトに履歴書をアップロードする。
  • ダブリンで就労ビザを取得した人に詳しい話を聞きにいく。

 

次回は私が情報収集した際にお世話になったブログや求人サイトを紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です